補聴器の選びかた

耳を治療する

良い補聴器の基準とは

補聴器を選ぶ際、何を基準として選べばよいのだろうか。 もちろん最も重視すべきは音質の良さである。言葉がより聞き取りやすく、真に迫った音が聴ける補聴器でなければならない。補聴器に対して何を重視するにしても、音質は外すことの出来ないチェック項目だ。 次に、自分の耳に合うものでなければならない。耳の形状や聴力は人それぞれである。そのつど、大きさや形状を自分に合わせた選び方をする必要がある。 耳に合うかどうかだけでなく、使う人の生活スタイルも重視せねばならない。例えば、運動を頻繁に行う人は、汗に強い補聴器が望ましい。また、眼鏡をかけている人は、それに合わせた邪魔にならない形を選ぶ必要がある。 他にも、カラーリングや電池交換のしやすさなど、選び方において考えねばならない点は多くある。 それらの要望に対応するために、補聴器の形状・タイプ一つ取っても、耳穴タイプや耳かけタイプ、ポケット型、様々なものが存在する。

実際に選ぶにあたって

さて、補聴器の選び方にあたってもう一つ重要になってくるのが、「店舗の選び方」である。なぜかと言えば、補聴器は購入後の調整が不可欠であるからである。購入後も店と顧客の関係が深いことを考え、店舗側も様々なサービスを行い顧客を獲得しようと競争している。 選ぶ側として重視すべきは主に3つである。 一つ目は、店舗側が親身に相談に応じてくれる体制にあるか、ということだ。補聴器を選ぶ際も、その後もしっかりと保障してくれるような店舗をえらぶべきだ。 二つ目は、補聴器の試聴ができるか、ということである。日常生活において常に身に着けるものであるため、事前の直接確認は重要である。 三つめは、緊急時の対応が保障されているか、ということである。購入後、何等かのトラブルが生じた場合でも、すぐに対応してもらえる店舗が望ましい。 多くの店がある中でも、特にこれらを参考にして適切な選び方をすべきである。

自分に合うものを

耳の鍼治療

補聴器を選ぶことは、専門の販売店で購入することになります。しかし、現代には沢山のタイプがありますし、自分が装着して違和感がないか、ちゃんと使いこなせるかどうかというのが重要になります。

流行りをチェック

顔をゆがめる人

毎日付けるものだからこそ、補聴器選びにも手を抜きたくありません。販売店では実に多くの製品を扱っており、トレンドを意識した機能性豊かな補聴器の販売を行なっていますので選ぶ時も迷ってしまうでしょう。